飲食店にはコンサルタントを|成功を収める秘訣

手軽にカード決済を導入

クレジットカード

事務の窓口を一本化

店舗が商品購入等の決済手段としてクレジットカード払いを導入する際、通常は各店舗が直接クレジットカード会社に対して加入申請を行います。この際、注意が必要なのは、申請はそれぞれのカード会社に対して個別に行わなければならないということです。わが国では、一般に5大ブランドと呼ばれる5社のクレジットカードが広く普及していますが、顧客の利便性を考えて5社すべてと契約するとなると事務手続きを5回行わなければなりません。また、契約後の代金請求業務や入金処理業務などもそれぞれ5回発生することになります。その一方で、こうした手続きを1回で済ませられる方法も存在します。それは、クレジットカード決済代行業者を利用することです。クレジットカード決済代行とは、店舗とカード会社の間に入り、諸手続きを代行するサービスです。導入時の加入申請はもとより、毎月の請求についても代行業者がまず一括してリストを受け取り、それを各社に振り分けます。また、入金も各社バラバラの決済を取りまとめ、一本化して店舗側に送金します。このように、クレジットカード決済代行は店舗の経理事務を省力化できる非常に便利なサービスです。カード会社の手数料に加えて代行手数料が発生する点は事前に承知しておく必要がありますが、独力でカード決済を導入するのが大変な小規模事業者にとっては頼れる存在です。特にネットショップの運営者にとっては、決済システムの構築やアップデートも代行してもらえるため、クレジットカード決済代行を利用するメリットは非常に高いと言えます。