飲食店にはコンサルタントを|成功を収める秘訣

工夫次第で収益向上

店舗

常連客を大事にする

成熟市場にもなっている飲食店を繁盛させるのは一苦労です。しかし実際に繁盛している店もある中で工夫次第で飲食店の売上を拡大させることは可能なのです。来店している顧客の状況を的確にとらえることが最も近道になります。集客は闇雲に行っても効果は出ません。それは顧客のニーズが多様化しているからです。広告や宣伝などにより広く認知しても、よほどの有名店でない限り集客に結び付けることはできないのです。飲食店に来店している顧客はほぼ20パーセントに該当する常連客が全体の80パーセントの売上を支えているという法則があります。全体の20パーセントの顧客をいかに大事にするかがポイントになります。売上を維持するために、常連客の囲い込みが大事になります。クーポンの発行やスタンプカードの活用など、次回利用時の割引などを適用することで、次回も来店してくれるようになる確率が向上します。また口コミなどには十分注意することが大事です。店の評判を上げようと口コミを自分自身で拡散しようとするケースがありますが、成功した事例はほとんどありません。良い口コミより悪い口コミのほうが多いためです。そのため、情報はできる限り少ない方が良いのです。飲食店の売上は地道な工夫によって拡大することが最も近道になります。インターネットなどを活用して一気に拡大することは現実的ではないのです。来店するきっかけを地道に顧客に与えることが大事なポイントなのです。